050-3555-6228

受付時間:8:00〜22:00 年中無休で結婚相談実施中
Info
  1. ホーム
  2. お知らせ・スタッフ日記
  3. ラポちゃんねる > 残念な婚活事例集
  4. 恋人とテンポ良くLINEができない人の末路2選【残念な婚活事例集Vol.8】
NEWS・DIARY
2018.11.28 ラポちゃんねる残念な婚活事例集

恋人とテンポ良くLINEができない人の末路2選【残念な婚活事例集Vol.8】

ラポールアンカーでは、スタッフ日記のご入会成婚エピソードより、数多くの幸せエピソ—ドを掲載しています。一方で、お見合いが不成立だったり、デートでお断りされる事例も多々あります。些細なことが原因でお断りされて、悔しい想いをしてしまうのです。

 

※合わせて読みたい記事

 

この企画は、お見合いやデートで失敗してしまった事例をお伝えすることで、婚活中のあなたが同じような失敗を繰り返さないよう再発防止に貢献するコーナーです。

 

リアルな体験を参考に、成婚を目指せるよう改善策を徹底解説いたします!

 

 

恋人とのメールはテンポよく気軽さを大切にしよう

デート以外でも、恋人の存在を感じられる瞬間は多々あります。例えば、日頃から恋人とLINEやメール、電話でコミニュケーションを図ります。このように、恋人と会っていないときでも、愛されていることを実感したいものです。

 

しかし、コミニュケーションが良くも悪くも独特な人がいます。LINEをしていても、「なんだか重い……」「接しにくい」と思われたら、幸せな結婚生活がイメージできません。

 

今回は、恋人からのLINEやメールに対して「勘弁してくれよ……」というご相談があった婚活失敗談について解説します。

 

シンプルに恋人への想いが重い

いきなりですが、ダジャレではありません。

「僕の彼女は文章力がない小説家」と、とある皮肉的なご相談がありました。第一印象が良く「この人と交際できたら幸せだろうな」と思えた人と、実際に交際できたら嬉しいものです。

 

そこで、交際できた彼に対して想いの丈を思いっきりぶつけます。例えば、LINEで10行ほどの文章が届くと「長い」と感じます。LINEは、短くテンポ良くが鉄則です。それ以上だと読み手が疲れるので、長くても3行以内が好ましいです。

 

なぜなら、10行ほどのLINEが届いたら、メールを返信するのに気を遣います。

「わかった!」「いいよ!」とテンポ良く返信(スタンプ1つで)できるのが、LINEの魅力です。

 

しかし、長文が届いたら「長文で返さなきゃ……」とプレッシャーに感じます。相手が10行で、こっちが1行だったら申し訳なく感じるのです。

 

始めのうちは愛らしいと感じますが、これが続くとうんざりです。うんざりするほどの長文が送られてくると、返信するのに時間を要します。これではテンポよく連絡ができません。そこで、LINEが続かなくなりデートの予定も決められず自然消滅する、というのはよくあるお話です……。

 

昔はメールが主流だったので、10行以上の文章でも苦になりませんでした。今では「いかに短い時間で効率よく楽しめるか」が大切です。文章の押し売りには気をつけて、恋人とレスポンス良く楽しめる関係になりましょうね。

 

 

恋人に情報の大安売りをしない

LINEは恋人と気軽にやりとりできる最高のツールです。しかし、気軽さが仇となってうんざりされるケースがあります。

 

「まるでLINEをtwitterのように使う……」と、これまた皮肉的なご相談がありました。前述で「恋人とのやりとりはテンポ良く気軽にしなさい」と言ったにも関わらず、「気軽さが仇」とは、なんだか矛盾していると感じる人もいるでしょう。

 

もちろん、テンポの良さやフレンドリーは大切です。しかし「相手の気持ちを考えず」情報の大安売りをしてしまう人は要注意です。

 

例えば、連絡先を交換したばかりで、まだ関係が浅い人からこのような文章が送られてきたらどうでしょうか?

「今日のお昼ごはんのジャガイモは固くておいしくなかったです。やっぱり新じゃがが一番!」

「僕は毎日プロテインと生卵を2個飲んでいます。プロテインのメーカーにもこだわりがあって……」

「これからトイレに行ってきます。毎回10分近く入っていますよ」

 

……自分にとってどうでもいいことを送ってこられても「だからなに?」(相手には申し訳ないですが)というお話です。これを「情報の大安売り」と呼んでいます。

 

このような「どうでもいい話」が続くと、「情報が細かすぎてどうでもいいし、そこまで知りたくないし、というか暇なの?」(相手には申し訳ないですが)と、うんざりしてしまいます。

 

「付き合う方の身にもなれ……。それならtwitterで呟いている方がいいのでは?」と思われても仕方がないケースなのです。特に、まだ関係が浅いうちは相手にとって関心があって、共感できる内容でメッセージのやりとりを楽しみましょうね。

 

 

結婚したいと思われるやりとりをしよう

超長文の内容や情報の大安売りをする人は「さらに恋人との仲を深めたい」という気持ちはわかります。だからこそ、大前提として理解してほしいのは「相手にとって心地が良いやりとりか?」です。

 

恋人にいろんな気持ちをぶつけたり、たくさんの情報をぶつけるのも悪いことではありません。しかし、それは「相手が良しとしたら」というお話です。相手の気持ちを考えず、LINEを好き放題送りつけていたらうんざりされてしまいます。もちろん好意があってやりとりしているのでしょうが、相手から「想いが重い……」と思われたらピンチです。

 

本当に愛し合っている恋人は、お互いに気持ちがイーブンで、どちらかが無理をすることはありません。自然体でいられるからこそ接しやすく、これからも一緒にいたいと思われます。少しでも気持ちのズレを感じたときは、直接相手にお伝えするに限ります。そして、ふたりでより良い関係を目指しましょうね。

 

まとめ

お見合いから交際につながると、テンションが上がる気持ちはわかりますし、結婚まで目前という期待もあります。だからこそ、自分本位な交際ではなく恋人の気持ちに寄り添って、お互いに気持ちよく交際することがポイントです。

 

LINEは「テンポよくフレンドリーに」が鉄則ですが、相手の気持ちを考えて成立します。

 

「この人とのやりとり面倒くさい……」「ホント、どうでもいいことばっかり言ってくる……」とうんざりされる前に、相手の気持ちを気遣うことが大切です。豊かで楽しい結婚生活を想像してもらえるようにお互いにとって実のある交際にしましょうね!

交際がうまくいく方法も、ラポールアンカーが毎日アドバイスしています。

阿部 友美
婚活アドバイザー・代表の嫁・イラストレーター
1987年5月12日、北海道旭川市生まれ。現住所は静岡県静岡市。
あなたの「結婚したい」を全力で応援しています。
ラポールアンカーのマスコットキャラクター「むすびちゃん・えにしくん」の生みの親。
趣味は、ジャズ演奏と料理。自慢の料理の腕で、見事旦那をゲットした。
結婚は1回。子供たちと夫を溺愛している。
尊敬する人は、楽器の恩師。

━━━━━━━━━━━━━━

「残念な婚活事例集」は、一般の方々からのご意見を受付中です。
以下のお問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください。
毎週 水曜日17時に発行

━━━━━━━━━━━━━━

お問い合わせは、以下のフォームよりご連絡ください。

年中無休で結婚相談実施中!
結婚相談の予約をする >
お問い合わせはこちらから >

結婚相談やお見合い、婚活なら結婚相談所のラポールアンカーで。

時間や場所は会員様のご都合で結婚相談いたします。
ホームページや口コミでおすすめいただいています。

初回無料・完全予約制・プライバシー厳守です!

法律を守って運営している安心安全な地域密着型の結婚相談所です。

注目のブログ

ブログランキング

記事一覧に戻る
TOP