050-3555-6228

受付時間:8:00〜22:00 年中無休で結婚相談実施中
Info
  1. ホーム
  2. お知らせ・スタッフ日記
  3. 結婚相談Q&Aコーナー
  4. 【結婚相談Q&AコーナーVol.90】結婚相手は相性と条件どちらで選ぶべき?
NEWS・DIARY
2019.4.26 結婚相談Q&Aコーナー

【結婚相談Q&AコーナーVol.90】結婚相手は相性と条件どちらで選ぶべき?

みなさまからの恋愛・婚活相談にお答えするQ&Aコーナーです。日々、婚活相談いただく会員様や一般の方からのご相談にお答えしています。

婚活に疲れているあなたに、ちょっとした癒しをお届けします。

今週のラポールアンカー便り

長所も短所も全て愛される存在になるために

婚活を始めると「完璧でなくては結婚できない。恋人の前では一つのミスも許されない!」と、やけにプレッシャーを感じる人がいます。

 

一つでも選択を間違ったら「お見合いNG!」「交際も終了!」みたいな……。確かに、ちょっとしたことがきっかけでお断りになるケースや、「ちょっと違うかも……」と感じる人もいるでしょう。

 

そこで、悩んでいる人にアドバイスをすると、「もしかして交際相手がそう言ってきたんですか?私はフラれちゃうんですね。うわあああああ……(チーン)」と、自暴自棄になる人もいて……。フラれるなんて一言も言っていないのに、というお話です。

 

婚活は、あなたの良いところもダメなところも受け入れられて結婚相手を見つけます。ダメなところは素直に受け入れて改善すればいいだけなのです。

 

交際相手からダメ出しされて逆ギレするからご縁が逃げるわけで、「ごめんなさい」と素直に言えるだけでも好感度アップです。そして、少しずつ二人でより良い関係を築いていけば良いのです。

 

良くも悪くもあなたの特徴を受け入れてもらえて、「ずっと一緒にいたい」と思ってもらえる出会いを見つけましょうね。

 

 

コンカツ時事ネタコーナー

今週あった時事ネタから気になるものを選びました。

ラポールアンカーの私的な見解でコメントするコーナーです。

年収1000万円世帯の不満 「税金が高いから思われるほど裕福ではない」「貧乏ではないけどすごく贅沢できるわけでもない」

https://news.careerconnection.jp/?p=70152

「年収1000万円以上の男と結婚したい!」という女性……。思ったほど裕福ではないそうです(笑)。

 

税金の仕組みがわかれば理解できますが、年収1000万円の会社員はたくさんの税金を支払います(会社経営であれば税金対策できますが、会社員だとそうはいきません。年収1000万円の会社員は、税引後の所得は約700万円です)。

 

年収で結婚相手を選んで「なんだか幸せじゃないかも」と感じる女性は、単純に男性を年収で選んでしまったから……。たとえ年収が高い男性と結婚しても、その男性がドケチだったり、金銭感覚が違えば残念な結果になるでしょう。

 

年収よりも、お金の使い方や価値観が合った人と結婚した方が幸せになれるかもしれませんね。

 

 

むすびちゃん、えにしくんの婚活討論会

婚活中のアレコレをラポールアンカーの「むすびちゃんえにしくん」が徹底討論いたします。

むすびちゃんえにしくんの本音から婚活成功の秘訣を学びましょう。

 

 

相性よりも条件が一番!イケメンで高年収と結婚したい

ねぇ、むすびちゃん。結婚するなら相性と条件、どちらを大切にすべき?

 

ラポールアンカーそりゃ両方でしょ!どちらも外せないわ。イケメンでハイステータスな男性と結婚したい。

 

婚期を逃すね……。

 

なに?

 

いや、結婚できないかも……。

 

私ならできるわ!居心地の良さも『ビッグマネー』も手に入れる!

 

ラポールアンカー今、ビッグマネーって強調したね?やっぱり男性を『金づる』としか思ってないよ。そういう女性は「年収が高くて、持ち家があって、車もないと結婚しない」って言いだすんだよ。そして、挙げ句の果てには「あなたの給料は、私に全部渡してね?」だよ。

 

私のような美人は好き放題言えるから得なのよ——。

 

解説

婚活を始めると、嫌でも結婚相手の条件を考えます。

例えば、A君は年収300万円で、B君は年収800万円の二人を比べます。生活レベルを考えると、年収800万円のB君を選ぶでしょう。他にも、たとえ年収が同じだった場合でも、見た目がタイプの男性を選ぶはず……。

 

「相性が良くて居心地の良い出会いがしたい」と思っても、プロフィールを見た時点で、あなたなりの条件を「無意識に」考えてしまうのです。

 

もちろん男性も同じです。どうせ結婚するなら自分好みの若くて美人を選ぶでしょう。ここで男女の違いによる条件の不一致が起こります。

 

さて、そこで「解決策は?」というお話ですが、いろいろな人に出会いすぎて訳が分からなくなるのが一番マズイ。婚期を遅らせる原因になります。

 

ちょっとでも「いい人だな」と感じたら、とことん付き合うに限ります。そうすることで条件だけではなく、確かな相性が見えてきます。相性が見えてきた時点で結婚を意識するのです。

 

つまり、条件ばかり考えている人は、薄っぺらい付き合いしかしていない証拠です。結婚するためには気になった人ととことん付き合って絆を深めるに限ります。

 

「条件戦争」から抜け出して、いち早く「結婚」というゴールを目指しましょうね。

 

 

Q&Aコーナー

 個人情報は一切明記いたしません。

 ご質問は、毎週10個を上限といたします。

 

【Q.901】

34歳女性。婚活中です。出会った人と交際にはつながるのですが、真剣になれる相手が見つかりません。「もっと他にいい条件の男がいるのでは?」と考えてしまうとなかなか選べないんです。どうしたらいいですか?

 

A.気になる男性とは、とことん付き合ってみましょう。薄っぺらい関係を抜け出したらいいです。

 

【Q.902】

44歳女性。恋愛経験がないので、できちゃった結婚の夫婦が羨ましいです。(できちゃった結婚は、結婚しても恋愛関係が続くそうです。)

 

A.子供がいたら夫婦二人ではなく、家族三人で苦楽を乗り越えようと思えるからですかね?

 

【Q.903】

39歳男性。「女性からはアプローチしてこないから、男性からガンガンいけ」とアドバイスされましたが、彼女いない歴=年齢で、もうすぐ40歳です。いい歳して経験値が足りません。無理にそうしようとするとスベりそうだし、どうすれば良いでしょうか?

 

A.婚活アドバイザーのフルサポートを受ける。というか、フルサポート中でしょ(笑)。

 

【Q.904】

34歳女性。交際中の彼がデートに誘ってくれません。デートしたいのですが、どうしたらいいでしょうか?普通、男性からデートに誘いますよね?

 

A.彼のことが大好きなら、プライドを捨てて自分からデートに誘いましょう。

 

【Q.905】

38歳女性。婚活を始める前は条件を気にしませんでした。でも婚活を始めて気づいたのですが、やっぱり条件って大事ですね(笑)。というか条件を見てしまいます。どれくらいの条件を求めるのが普通ですか?

 

A.うーん、女性が求める年収は「400万円〜が希望」というのが多いですかね。「私は誰でもいいんです」と言う女性に限って、ちゃっかり800万円以上の男性と結婚されている……。まぁ、そういうものです(笑)。

 

【Q.906】

42歳女性。お見合いでは、基本的に男性の良いところを見て付き合おうと思っています。そうすると、どの男性も魅力的なので誰を選んでいいかわかりません。そういう場合はどうしたらいいですか?

 

A.考えないです。直感を信じます。

 

【Q.907】

46歳男性。交際中の彼女にダメ出しされました。フラれるかもしれないと考えると死にそうです。今からでも関係を修復できませんか?

 

A.誰も別れるなんて言っていないでしょう。すぐに直せばいいだけです。そしてメンタルを鍛えましょう。

 

【Q.908】

35歳女性。お見合いのお申し込みが届くと、お断りをするのにとても躊躇してしまいます。傷つけないかな、と思ってしまうんです。大丈夫ですかね?

 

A.男性は数日待たされてお断りされるより、即日お断りされた方が清々します!なので気にせず即レスで。

 

【Q.909】

56歳男性。若ければ誰でもいいので30代前半の女性と結婚したいです。僕は50代だけど、会えば36歳くらいには見られます。気持ちが若いんですよ。それで、僕が結婚できる可能性はどれくらいですか?

 

A.この手の質問が本当に多いです。答えはいつも一緒で、やってみないとわかりません。

 

【Q.910】

年齢不詳女性。家賃の支払いに困っています。誰でもいいので、持ち家のある男性を紹介してください。

 

A.もちろん、男性があなたに会いたいと言ったら紹介します。

 

Q&Aコーナー編集後記

結婚したら「違うこと」ばかり

冒頭で、「長所も短所も全て愛される存在になるために」というお話をしましたが、少しでも相性や価値観が合わなかったら他の人を探しているあなたに言いたいことがあります。

 

結婚したら違うことばかり!(笑)。

 

「あー、私の理想の相手じゃなかった。別れよ」と、すぐに別れていたら3万回くらい離婚する羽目になります。

 

結婚生活の楽しいところは「違うからこそ分かち合える喜びがある」ということ。いろいろな考え方があって、それを認め合って二人で成長していく。それによって、よりよい家族を築いていく楽しさがあります。パートナーからダメ出しされて、すぐに傷ついたりブチギレていたら、全く身が持ちません(笑)。

 

婚活中の人は、相手の条件や相性など目先のことに気をとられがちですが、もっと大切なのは「二人がどのような結婚生活を歩みたいか」という未来の家庭図……。

 

あなたに愛する人がいたら、まずは二人で明るい未来を想像できる会話をしましょうね。

 

今週も最後までQ&Aコーナーをご覧いただきありがとうございました!

阿部 伸太郎
ラポールアンカー代表・婚活WEBライター・スイーツ評論家
1987年2月8日、大阪府枚方市生まれ。現住所は静岡県静岡市。
山梨学院大学法学部を卒業後、一部上場のIT企業に就職。
恋愛相談が趣味で、恋愛や結婚にまつわる話を数多くうかがう。
婚活に悩む人の助けになろうと、ラポールアンカーを起業。
結婚は1回。嫁と娘を溺愛している。
尊敬する人は、祖母、嫁、妹。
スイーツは見ただけで味が分かるという特技がある。

婚活相談Q&Aコーナーは、一般の方々からのご相談も受付中です。
以下のお問い合わせフォームより、お気軽にご相談ください。
毎週 金曜日17時に発行

お問い合わせは、以下のフォームよりご連絡ください。

年中無休で結婚相談実施中!
結婚相談の予約をする >
お問い合わせはこちらから >

結婚相談やお見合い、婚活なら結婚相談所のラポールアンカーで。

時間や場所は会員様のご都合で結婚相談いたします。
ホームページや口コミでおすすめいただいています。

初回無料・完全予約制・プライバシー厳守です!

法律を守って運営している安心安全な地域密着型の結婚相談所です。

注目のブログ

ブログランキング

記事一覧に戻る
TOP