050-3555-6228

受付時間:8:00〜22:00 年中無休で結婚相談実施中
Menu
Info
  1. ホーム
  2. お知らせ・婚活ブログ
  3. 結婚相談Q&Aコーナー
  4. 「婚活してもブサイクばかりで結婚できない」と思ったときの対処法
NEWS
2021.4.2 結婚相談Q&Aコーナー

「婚活してもブサイクばかりで結婚できない」と思ったときの対処法

みなさまからの恋愛・婚活相談にお答えするQ&Aコーナーです。日々、婚活相談いただく会員様や一般の方からのご相談にお答えしています。

婚活に疲れているあなたに、ちょっとした癒しをお届けします。

 

この婚活ブログで学べること

✔何かと求める理想が高い人への処方箋

✔いつまで経っても「理想の出会い」がない人の改善策

✔結婚したい人が考えるべき結論

 

今週のラポールアンカー便り

婚活女性に伝えたい「婚活するとわがままになる?」

「婚活を始めると、誰しも大なり小なりわがままになる」いうエピソードのご紹介。

 

婚活を始める前は、「私にぴったりの人がいたらいいな」とやけにメルヘンチックなこと言います。

 

しかし婚活を始めた途端、猛獣と化す……。それが女性であれば、「どうせ結婚するなら私にとって最っ高の出会いがしたい!ブサイクも貧乏も性格悪も嫌!」というわけです。

 

「せっかくお金払ってお見合いするんだから、めっちゃいい男を見つけなきゃ」と目が鋭くなるのです。

 

実際に、1,000万円超の男性と交際をしても、「性格が嫌い!」と言い出して、次に性格が良い男性と交際したと思ったら「貧乏だから嫌!」と、年収1,000万円の男性を思い出しては文句を言う……。

 

そして、年収1000万円あって性格が良さそうでも、「なんか嫌だからお断り!」という始末。

 

おそらく、そのような女性は、年収が1000万円あって、性格が良くて、なんとなく良くても、最終的には「ちょっとなぁ……」と、わけのわからない境地に陥るのでしょう。

 

きっとそういう女性は、結婚がしたいのではなく「婚活がしたいんだ」と感じています。男性と出会って見定めをしている自分が好きなのではないか、というのが私の結論です。

 

さて、そこで今回のQ&Aコーナーは、上記に述べたような「婚活で迷走しないための解決策」を徹底解説いたします。最後までご覧ください!

 

※女性を例に挙げましたが、男性も思いっきり当てはまる人は多いので注意してくださいね。

 

むすびちゃん、えにしくんの婚活討論会

 

婚活中のアレコレをラポールアンカーの「むすびちゃん、えにしくん」が徹底討論いたします。

むすびちゃん、えにしくんの本音から婚活成功の秘訣を学びましょう。

 

「婚活してもブサイクばかりで結婚できない」と思ったときの対処法

さっきカフェでのんびりしてたらさ、隣りの女性3人組が「どこにいい男いるのかな。今回の婚活パーティーも最悪な奴しかいなかったよ。ブサイクばっかりで困るよね」ってガールズトークを繰り広げてるわけ。これ、どう思う?

 

えにしくんって、カフェに行くキャラだっだのね。えにしくんがカフェで何するわけ?

 

ラポールアンカー
のんびりするんだよ、のんびりと!

 

……のんびりと? それで隣りのガールズトークを聞いて、納得がいかなかったと?ふーん(笑)。

 

まぁ、どこに行こうがいいじゃない。

 

『東京たられば娘』のようにタラレバ言いながら右往左往している女子はほおっておけばいいのよ。楽しくてタラレバしてるんだから。

 

ラポールアンカー
まぁ、そうかもしれないけど、ネガティブなことばかり言って、現実は最悪だよね。家に帰って一人泣くんでしょ?

 

それ、きついね。そう考えると、カフェでの現実逃避もたいがいにしたほうが良さそうね。

 

そうだね……。

 

ところで、えにしくんはカフェで何を注文するの?

 

特製にんじんのフレッシュジュースでしょ。今度、一緒に行こう。

 

ラポールアンカー
行く行く!にんじんジュースを飲みながら、タラレバ娘たちを一網打尽にしてやるわ。

 

いいじゃないの。ほおっておけば……。

 

解説

出会いの基本は『類友』です。

 

「理想の人に出会いたいけど、今時点で出会えない」と思ったら、求められるのは「成長」です。

 

そもそも理想の人とは、自分よりスペックが上のはずなので、出会えなくて文句を言っているようでは、一生タラレバ娘で終わってしまいます。

 

残念ながら「婚活してもブサイクばかり」と愚痴っているだけの人は、いわゆる理想のと出会える素質がないと言えます。

 

そして、たとえイケメンに出会っても、そのイケメンから選ばれる可能性が低いというわけです。

 

それでは、「どうやったら理想のイケメンに出会えるのか?」というお話になりますが、まず大前提として「愚痴らず楽しく生きること」です。

 

真剣に婚活しているハイスペックな男性は、楽しく生きている人への嗅覚が鋭いです。

 

なぜなら結婚相手を求めときは、「この人と一緒にいたら楽しい人生が歩めそうだ」と思える人を選ぶからです。

 

幸せな結婚生活を送りたいのに、わざわざ根暗でネガティブな人を選びません。たとえ素は美人でも、愚痴ばかり言っていると、口角が下がってお肌の大敵に……。

 

さぁ、そうなるとますますピンチです! 理想の彼に出会うためにも、毎日楽しく大らかな気持ちで生活しましょうね。

 

結婚相談Q&Aコーナー

 個人情報は一切明記いたしません。

 ご質問は、毎週10個を上限といたします。

 

【Q.1】

32歳女性。婚活してもブサイクにしか出会いません。どうやったらイケメンと出会えますか?でも、イケメンといっても、ホストとかそういうことじゃなくて。とにかく私に合った結婚したいイケメンと出会いたいです。

 

A.ブサイクとしか出会えていない、とネガティブな考えをあらためてみましょう。

 

【Q.2】

36歳女性。良さそうだなと思える彼と交際したのですが、食事のマナーが最悪でした。お箸もまともに持てない人です。同じ食卓を囲むのは厳しいですよね。どうしてテーブルマナーもわからないのでしょうか?

 

A.誰も親切に教えてくれる人がいなかったのでしょうね。とにかく、テーブルマナーが悪い人はアウトです。

 

【Q.3】

36歳女性。先日、婚活パーティーに参加したら、男の人からお母さんの写真を見せられて「僕のお母さんです。お母さんと同居してくれる人と結婚したいですが」と言われました。絶対に無理です。そういうことがわからないのでしょうか?

 

A.いろんな人がいますね(笑)。

 

【Q.4】

35歳女性。彼とデートをしました。お店で割引クーポンを出していて、ちょっと引いてしまいました。でも、実は株主優待券だとわかって複雑な気持ちになりました。クーポンはケチだけど、優待券なら賢い人だと。どう思いますか?

 

A.あなたが言うように、株主優待券使ってる人は賢くやりくりしていますよ。預貯金だけじゃなくて、資産運用しているわけですし。結婚後は賢く生活できるかもしれませんね。

 

【Q.5】

44歳男性。お見合いをした女性からあれこれと条件を言われて嫌になりました。初対面で好きにもなっていないのに、どうしてあれこれと条件を言われないといけないのでしょうか?

 

A.自分のことしか考えていないからですね。

 

【Q.6】

41歳女性。彼の家にお邪魔したときに、1年以上も賞味期限が切れた物が置いてありました。でも、彼は「捨てない」と言います。気持ちがわかりません。とにかく物が多い家で困りました。こういうのを「価値観が合わない」というのですか?

 

A.価値観が合わないというか、捨てさせましょう……。

 

【Q.7】

34歳女性。どんな男性と付き合っても会話がつまらなくて交際が続きません。もっと楽しい人はいないのでしょうか?

 

A.会話がつまらないのではなくて、あなたから楽しい会話をふってあげる、っていう発想が大事です。そういうのって女性の仕事なのでは?

 

【Q.8】

33歳女性。彼に手料理を作ったら、遠回しに「まずい」と言われました。今まで誰にも言われたことがないのでショックです。食べ物の好みが合わない人とは結婚しない方がいいでしょうか?

 

A.人の好みはそれぞれなので、まずは言ってくれたことに感謝して、具体的に何が合わなかったのか聞いてみてはいかがでしょうか。他の料理であれば、「おいしい!」と言ってくれるかもしれませんよ。

 

【Q.9】

39歳女性。婚活中の人にとって、条件は永遠の課題だと思うのですが、例えば、年収1000万円でブサイクと、年収300万円でイケメンだったら、どっちと結婚すれば幸せになれると思いますか?

 

A.そんな想像をする前に、どんどん婚活してみてください。条件が永遠の課題だとも思いません。

 

【Q.10】

32歳女性。悩んでいるので教えてください。結婚相手は一人です。なので、たくさんの人から選べばいいか。それとも、たくさん会うと迷ってしまうので、一人ひとりの出会いを大切にすべきかわからずにいます。結婚を前提とするならどっちがいいと思いますか?

 

A.完全に人によりますね。決断力のある人なら、たくさんの中から「この人っ!」っていうのを選べばいいし、迷って婚期を逃すくらいなら絞るべきです。

 

Q&Aコーナー編集後記

婚活がしたい?それとも結婚がしたい?

いわゆる『タラレバ娘』のような女性には、「結婚がしたいのではなくて、婚活がしたいのだ」と、私は言っています。

 

どういう意味かといえば、「結婚したい人が婚活評論家になってはいけない」ということです。

 

あなたは愛する人と出会って幸せな家庭が歩めれば大成功です。これが婚活のゴールです。

 

しかし、婚活をすると「ああでもない、こうでもない、だって、でも、どうせ」とゴール前にいるのに、わざとシュートを打たない人が本当に多い……。

 

そうなると、婚活評論家のように、婚活のあれこれを語り出す……。

 

私はそういう話を聞くと、「いや、そういうのいいから、一つの出会いに全力になってゴールを決めてくれ!頼む!」と懇願します(笑)。

 

あれこれ言う前に、シュートを打って打って打ちまくった先に、理想の出会いが待っているのです。

 

行動あるのみで感じよく婚活を楽しみましょうね。

 

あなたの婚活をラポールアンカーが応援しています。

 

阿部 伸太郎
ラポールアンカー代表・婚活WEBライター・スイーツ評論家
1987年2月8日。大阪府枚方市生まれ。現住所は静岡県静岡市。
山梨学院大学法学部を卒業後、一部上場のIT企業に就職。
恋愛相談が趣味で、恋愛や結婚にまつわる話を数多くうかがう。
婚活に悩む人の助けになろうと、ラポールアンカーを起業。
結婚は1回。嫁と娘を溺愛している。
尊敬する人は、祖母、嫁、妹。
スイーツは見ただけで味が分かるという特技がある。趣味は娘を褒め倒すこと。
北海道から沖縄まで、全国各地からのお問い合わせ大歓迎です!
年中無休!対面とオンラインによる結婚相談を実施中。

婚活相談Q&Aコーナーは、一般の方々からのご相談も受付中です。
以下のお問い合わせフォームより、お気軽にご相談ください。
毎週金曜日 発行

お問い合わせは、以下のフォームよりご連絡ください。

     

    結婚相談やお見合い、婚活なら結婚相談所のラポールアンカー

    時間や場所は会員様のご都合で結婚相談いたします。
    「ホームページや口コミで評判」とおすすめいただいています。

    初回無料・完全予約制・プライバシー厳守です!

    法律を守って運営している安心安全な地域密着型の結婚相談所(マル適マーク取得済)です。

    婚活ブログのレビュー

    4.2
    Rated 4.2 out of 5
    5 点中 4.2 (総レビュー数 932)
    とても良い59%
    良い21%
    普通7%
    悪い6%
    とても悪い7%
    Rated 5 out of 5
    2021年7月28日

    担当の仲人さんが臨機応変に対応してくれて、無事結婚することができました。ありがとうございます。

    endo tsuyoshi
    Rated 5 out of 5
    2021年7月28日

    おすすめ!結婚相談所の中でもリーズナブルで丁寧な対応でした。

    加藤
    Rated 3 out of 5
    2021年7月27日

    cheapest cialis

    unlocky

    この婚活ブログのレビューを書く

    注目のブログ

    ブログランキング

    HOT WORDS

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    記事一覧に戻る
    TOP