050-3555-6228

受付時間:8:00〜22:00 年中無休で結婚相談実施中
Info
  1. ホーム
  2. お知らせ・スタッフ日記
  3. 結婚相談Q&Aコーナー
  4. 「彼のどこが好き?」と聞かれたら答えられない【結婚相談Q&AコーナーVol.102】
NEWS・DIARY
2019.7.19 結婚相談Q&Aコーナー

「彼のどこが好き?」と聞かれたら答えられない【結婚相談Q&AコーナーVol.102】

みなさまからの恋愛・婚活相談にお答えするQ&Aコーナーです。日々、婚活相談いただく会員様や一般の方からのご相談にお答えしています。

婚活に疲れているあなたに、ちょっとした癒しをお届けします。

今週のラポールアンカー便り

ラポールアンカーで婚活するメリット

最近よく評価いただくのが、「ラポールアンカーの婚活アドバイザーは、仕事感覚で結婚相談しないから好感持てますね」です。

 

「楽しいことは楽しい」「つまらないものはつまらない」とバッサリ言い切るのが、ラポールアンカーの強みです。

 

結婚相談所は、人と人をつなぐ場所……。だからこそ、私たち婚活アドバイザーが本音で向かっていくから楽しいと思うのです。

 

そのような話をすると、「仕事は仕事なんだからしっかりやってくれたらいい」と言う人がいます。しかし、そういう人に対してビジネスライクで接すると「マニュアルみたいでつまらない」と文句を言います。

 

文句を言う人は、何をどうしても文句を言うのです(笑)。

 

感じの良い人はスムーズに結婚できて、文句が多い人はやっぱり婚期を遅らせる……。

 

であれば、婚活アドバイザーは(節度を守って)言いたいことを言いまくって、婚活応援するのがベストだと考えています。

 

なぜなら、絶対に悪いようにはしないから……。

 

「ここさえ直したら結婚できます」というコツがあって、それを知るだけでお見合いが上手くいき、素敵な出会いが見つかる人がたくさんいるのです。

 

ラポールアンカーで婚活するメリットは、本音で語り合える場所。

 

婚活に困ったら、ぜひラポールアンカーにご相談くださいね。

 

 

コンカツ時事ネタコーナー

今週あった時事ネタから気になるものを選びました。

ラポールアンカーの私的な見解でコメントするコーナーです。

 

本田翼、結婚相手にしたくない絶対NG条件に驚愕 「しょうがないよ…」

©︎ドラクエCMから引用

https://gunosy.com/articles/RXRlp?s=s

 

誰しも大なり小なり、結婚する前に確認しておきたいことがあるでしょう。

 

本田翼さんは「私のお金に目がくらんで変に裕福な生活をしたがる」人は懸念事項だと語っています。

 

美人でお金持ちの女性と結婚できれば最高かもしれません(その前に、自分の力で稼ごう)。

 

そのように考えると、誰しも結婚相手に求める理想があります。理想の人と結婚できた人の割合が掲載されていたのでご紹介します。

 

※グノシー記事より引用

 

結果を見ると、20代が34%で、30代からは一気に理想の相手と結婚できた割合が減ってきています。

 

20代は恋愛結婚の割合が多いと思うので、「自ら好きになった」という自尊心が、理想の割合を上げていると想像できます。

 

30代で出会いを求める人は、理想と現実のギャップに悩まされていることがわかります。まさに婚活中のあなたが、今抱えている悩みなのではないでしょうか?

 

理想の追い求めて婚期を遅らせるか、はたまた現実を見て、理想とはちょっと違った結婚相手を選ぶのか……。

 

出会いはとても複雑ですね。

 

 

[イラスト/阿部友美]

 

むすびちゃん、えにしくんの婚活討論会

婚活中のアレコレをラポールアンカーの「むすびちゃん、えにしくん」が徹底討論いたします。

むすびちゃん、えにしくんの本音から婚活成功の秘訣を学びましょう。

 

 

「彼のどこが好き?」と聞かれたら答えられない!理想の出会いじゃないのかな?

ねぇ、むすびちゃん。突然だけど、僕の好きなところを3つほど挙げてみてほしいんだけど?

 

嫌だ。

 

拒否が早い……。交際中の女性が、彼のどこが好きかわからなくて悩んでるんだって。だから試しに聞いてみました。

 

なるほどねぇ。別に答えられなくてもいいんじゃない?それでも一緒にいたいと思たら、それが本当の好きってことじゃないの?

 

ラポールアンカーへぇー。「なんとなく好き」っていう感覚がいいのかもね。

 

うん。「彼は優しくて、賢くて、仕事がバリバリできるのよ」って言う女性ほど、付き合っている男性が年収1,000万円以上のハイステータスだったりするでしょ?年収がわかった時点で、「あぁ、お金が目当てだったのか」って思うし(笑)。

 

確かに。理由付けされている感じに裏がありそうだよね。

 

そうそう。だから別に一緒にいたいと思えれば、好きな理由なんていらないんだよ。

 

深いねえ……。

 

だから、私たちはこれからも二人で仲良くやっていきましょう!

 

うん!やっぱり、むすびちゃんの懐の広さは無限大だね!可愛くて、オシャレで、ユーモアがあって……最高!

 

……裏がある?

 

解説

大好きな相手と結婚するのに理由はいりません。

 

「彼の優しいところが好き!」と思って結婚しても、時が経って優しさがなくなれば、愛が冷めてしまいます。

 

露骨なケースは年収です。

心の中で、 (年収1,000万円超の男をゲットしたわ)と喜んでも、その彼が、「今日から独立するから年収0になるけど、二人で頑張っていこうね」なんて言われた日には地獄です。

 

条件で選ぶ人は、条件が変わった瞬間、悲惨な思いをします。年収だけの話をすれば、終身雇用の時代は終わりました。つまり、条件が変わるのは簡単です。

 

年収0から1,000万円になる人もいれば、ハイステータスな人が堕ちるときもあるでしょう。

 

本当の愛は、年収が0になっても二人で頑張って稼ぎ倒せる相手です。

 

「どんなときでも家族で乗り越えていきたい」と思える相手を直感で選んで、心から幸せな結婚生活を送りましょうね。

 

Q&Aコーナー

 個人情報は一切明記いたしません。

 ご質問は、毎週10個を上限といたします。

 

【Q.1】

32歳女性。友人から「彼のどこが好きなの?」と質問されたときに答えられませんでした。もしかすると、今の彼は理想の相手ではないのかもしれない、と悩んでしまいました。このとき、どんな風に答えるのが良かったのでしょうか?

 

A.答えられる必要……あります?

 

【Q.2】

32歳男性。自分が直さなければいけないところを教えてもらいました。お見合いで実践したいのですが、それでもやっぱり直りません。癖を直すのは難しいです。どうしたらいいですか?

 

A.染み付いた癖はなかなか直らないので、毎日意識して確実に直していく。

もしくは、完全に開き直って、あなたからカミングアウトしちゃう。

 

【Q.3】

40歳男性。7月16日付けの婚活ブログ『恋愛弱者の男性は一生独身かも?日本は「時間差一夫多妻制」と呼ばれる時代に!』を読みました。

 

モテる男はモテ続けて、非モテなやつは一生独身です。そう考えたら、僕は一生独身だ! と自暴自棄になってしまいました。なんとかしてください。

 

A.今からでも十分モテる男になれる!今すぐ行動しましょう。

 

 

【Q.4】

33歳男性。次の日曜日、彼女にプロポーズを申し込みます。必ず成功させてきます。僕に力を……!

 

A.いける!x100

 

【Q.5】

35歳女性。私は卑屈です。どうしてもネガティブに考えてしまいますし、それを言葉にしてしまいます。それで上手くいかないのですが、どうしたらいいでしょうか?そういう性格なので仕方ないと思うのですが。明るくした方がいいですか?

 

A.卑屈よりはポジティブがいいですけど……。それが無理なら、卑屈なことが言いたくなったら黙ってみましょう。ポジティブなネガティブの二択ではなく、黙ってやり過ごすというのもありです。

 

【Q.6】

29歳女性。新企画の『【吉川宏美のパーソナルレッスンVol.1】結婚生活こそ人生最大の娯楽だ!』を読みました。とても明るい気持ちになれました。スタッフさんの雰囲気がわかるのはいいですね。これからも続けてほしいです。

 

A.そうそう。私(阿部伸太郎)が 毎日必死にブログを書いているのに、吉川宏美の雰囲気だけでアクセスを取れてしまうのは、とても悔しいのですが(笑)。

 

 

【Q.7】

35歳男性。伝え方って難しいですよね。僕はそのように言ったつもりではないのに、女性から気味悪がられました。こういうのってどうやって直していったらいいんですか?

一言ずつ気にして会話をしていたらおかしくなりそうです。

 

A.文章で表現するのが難しいですけど、「これ言ったらまずいかな?」と思うのに、言ってしまう癖ありませんか?その言葉のチョイスをやめて、何が適切なのかを考えます。その繰り返しです。

 

【Q.8】

35歳女性。お見合いをしすぎて、誰を選んだらいいかわからなくなりました。あの人もいいけど、この人もいいって考えているうちに、選べなくなりました。結局一人に選べない私にアドバイスをください。

 

A.以下のブログを読んでみてください。とにかく決断するしかないです。

 

 

 

【Q.9】

44歳男性。交際中の彼女にプロポーズするか迷っています。他の女性とお見合いしたら、もしかしたらもっといいご縁があるかもしれないと思うからです。

決断できない場合、どうしたらいいと思いますか?

 

A.今の彼女をお断りしてでも、他の女性とお見合いしたいかどうかです。いわゆるキープなしで。

 

【Q.10】

38歳男性。先週のQ&Aコーナーで、「ゲームが好きなら、その話題で盛り上がればいい」というお話をしていましたが、彼女がゲーム好きかわからないときはどうしたらいいですか?

 

僕がゲーム好きだとカミングアウトして、相手はゲームが好きじゃなかったとしたら、それだけで引かれてしまう気がします。それでも、ゲームが好きだと言った方がいいですか?

 

自分の我を通すことで、お見合いが成功しないかもしれないリスクを考えると、なかなか言いたいことが言えません。

 

A.それって、ゲームが理由で断られるのではなく、断られる理由はもっと他にあるはずですよ。

 

Q&Aコーナー編集後記

「吉川宏美のパーソナルレッスン」ブログを始めた理由

なぜあなたが婚活をするのかと言えば、単純に幸せになりたいからだと思います。

 

結婚相談所のメリットは、婚活中の悩みだけでなく、幸せな結婚生活を夢見て、婚活アドバイザーと楽しく語れるところだと感じています。

 

「婚活」と言えば後ろめたいイメージですが、果たしてそうなのか? と……。

 

大好きな人と出会うために婚活をするのであって、その願いが叶った瞬間、最高の幸せを味わえるでしょう。

 

「私は出会いがなくてモテないから婚活をしてるんだ……」と卑屈な状態で婚活をしていてもつまらないですし、その気持ちが相手に伝わって、間違いなく素敵な出会いが逃げていきます。

 

だからこそ、「明るい未来に向かって婚活をしてほしい!」という想いで始めたのが、今回の企画です。

 

「結婚生活は超楽しい!」

あなたにもそのような感動体験を味わってほしい……。

 

ラポールアンカーは出会いだけでなく、幸せな未来に向かって、あなたの婚活を応援しています。

 

今週も最後までQ&Aコーナーをご覧いただきありがとうございました。

阿部 伸太郎
ラポールアンカー代表・婚活WEBライター・スイーツ評論家
1987年2月8日、大阪府枚方市生まれ。現住所は静岡県静岡市。
山梨学院大学法学部を卒業後、一部上場のIT企業に就職。
恋愛相談が趣味で、恋愛や結婚にまつわる話を数多くうかがう。
婚活に悩む人の助けになろうと、ラポールアンカーを起業。
結婚は1回。嫁と娘を溺愛している。
尊敬する人は、祖母、嫁、妹。
スイーツは見ただけで味が分かるという特技がある。

婚活相談Q&Aコーナーは、一般の方々からのご相談も受付中です。
以下のお問い合わせフォームより、お気軽にご相談ください。
毎週 金曜日17時に発行

お問い合わせは、以下のフォームよりご連絡ください。

年中無休で結婚相談実施中!
結婚相談の予約をする >
お問い合わせはこちらから >

結婚相談やお見合い、婚活なら結婚相談所のラポールアンカーで。

時間や場所は会員様のご都合で結婚相談いたします。
ホームページや口コミでおすすめいただいています。

初回無料・完全予約制・プライバシー厳守です!

法律を守って運営している安心安全な地域密着型の結婚相談所です。

注目のブログ

ブログランキング

記事一覧に戻る
TOP