TEL:050-5243-4603

受付時間:8:00〜22:00 年中無休で結婚相談実施中
Info
  1. ホーム
  2. お知らせ・スタッフ日記
  3. 婚活スタートガイド,お見合いアドバイスデート交際アドバイス
  4. 結婚できない男性の外見と性格を解説いたします。
NEWS・DIARY
最新のお知らせ・
スタッフ日記
2018.4.25 婚活スタートガイド, お見合いアドバイス, デート交際アドバイス

結婚できない男性の外見と性格を解説いたします。

「結婚できない」と悩んでいる男性は多いです。自分にとっていい出会いだと思っても、女性に振り向いてもらえないケースもあります。

今回ご紹介する共通点によって結婚できない原因が明らかになるかもしれません。

「結婚したい」を叶えるために、今回ご紹介の内容を参考に、婚活を続けてみましょう!

 

 

目次

Ⅰ 結婚できない男性の特徴

Ⅱ 結婚できない男性の外見

Ⅲ 結婚できない男性の性格

Ⅳ まとめ

 

Ⅰ 結婚できない男性の特徴

まずは、結婚できない男性の特徴についてご紹介いたします。

当てはまる項目がないか8つのポイントをチェックしてみましょう。

 

1.自分のやり方を強要する。

自分の意見を押し通そうとしたり、女性の意見を全部否定する男性は敬遠されがちです。

例えば、「結婚したんだから、うちのやり方に従え」と言われても、女性を大切にできない人とは結婚できません。

たとえ洗濯物の畳み方や物の配置の仕方など小さいことでも、やり方を強要されるのは窮屈です。それぞれの自由があってちょうどいいのです。

 

2.几帳面すぎて細かいところを指摘する。

きれい好きで、とにかく細かい男性は敬遠されます。

たとえ女性が大ざっぱな性格でも、細かい部分を気にしてグチグチ言う男性は、正直面倒だと感じられてしまいます。まるで姑と一緒に暮らしているような生活を想像させてしまうと、女性に逃げられてしまいます。

例えば、自宅のホコリを指で拾い、嫌みのように毎日グチを言われるのはさすがに無理でしょう。

 

3.他人への文句やグチが多い。

日頃から文句や愚痴ばかり言っている男性は要注意です。生理的に受け付けないという女性は多いでしょう。

また、自分が全て正しいと思っている男性は、自分のことを棚にあげて、他人を注意したり非難する男性も考えものです。

グチや文句を言いたくなっても、マナーやルールはあるものです。自分もできないのに、それを他人に対して非難するのはルール違反です。

 

4.食や趣味など、好みが合わない。

食の好みが合わないと女性に感じられたら要注意です。女性が手料理を作るのに苦労しますし、自分好みの味つけができないとストレスがたまりそう、という意見もあります。

また、自分と異なる意見を受け入れられない男性や、自分の趣味や好きなものを否定されると我慢できません。

小さな問題だと思っていても、一緒に暮らすとストレスを感じる部分です。食やお金に対する感覚や好みが一致しないと「相性が合わない」と感じてしまいます。

 

5.女性やお金にルーズすぎる。

女性にだらしなく、金遣いが激しい男性はアウトです。たとえ恋愛関係では我慢できても、結婚生活で夫婦としては成立しないでしょう。

「お金にルーズな人は付き合うだけならいいけど、現実を考えると無理」という意見が大半です。

女性やお金にルーズな人は、一緒にいるのが難しいというよりも、まず家庭が成り立たないというイメージを持たれてしまいます。

「いずれ離婚するなら、結婚する意味がない」と思われても仕方ないですね。

 

6.家事や子育てに協力的ではない。

子どもが嫌いな人は、子育てに協力してくれないだろうから無理という意見もあります。

また共働きでも家事は女性がやるものだと思ってる男性も要注意です。

家事や子育てに柔軟な考えを持たなければ、夫婦共働きは大変です。

今はできなくても、せめて「できることから協力する」という姿勢で、理解を示す必要があります。

 

7.自分には「大人の魅力がある」と思い込んでいる。

何事も頼れる男性は魅力的と女性は考えます。確かに、女性は年上の男性と結婚することが多いです。

そして、男性はいくつになっても「若い女性と結婚したい」と考えます。

婚活においても、男性が若い女性を狙うあまり「僕には大人の魅力があるから、若い子とも付き合える」と思い込み、かえって周りから嫌われ、結婚できないという現実もあります。

結婚相手を選ぶ上で、「若い女性だから良いのか」を真剣に考える必要がありますね。

 

8.女性とのコミュニケーションが苦手。

SNSの発達により、女性とのコミュニケーションに苦手意識を持つ男性が増えています。

例えば、「取り調べしてるの?」と感じるような刑事タイプの男性がいます。

質問をすれば、会話が続くと思っている男性です。「会話が途切れないように話題を出来るだけ多く用意しています」「男が女性をリードしなければならないので」という意識があるようです。

もちろん、会話が途切れないように、いろいろな話題を用意するのは良いことです。

しかし、男性が一方的に質問し、女性がそれに答えるような内容は、ただの面接です。

 

質問が続けば続くほど、女性からの信頼を失ってしまいます。

話が弾まない上に、女性は根掘り葉掘り質問されることにストレスを感じてしまうのです。

例えば、お見合いにおいて「刑事トーク」をしてしまうと、男性は満足だった反面、女性からは「質問ばかりだった」とフラれてしまうのです。

刑事トークのような取り調べではなく、しっかりと会話のキャッチボールを心がけましょう。

 

会話は、相手を楽しませるためにあります。自分が何を話そうではなく、女性の話をよく聞くことから始まります。

ポイントは、一つの話題で20分以上話せる内容があるかどうか……。

男性「趣味はなんですか?」

女性「映画鑑賞です」

男性「そうですか」

……。

これでは、会話は5秒です。例えば、どのような映画が好きなのか?最近観た映画は?などと、会話を膨らませていくことが大切なのです。

 

いろいろな情報を仕入れようとしたり、会話を途切れさせないことに集中するのではなく、女性が話した内容に共感し、楽しそうに会話ができるよう心がけましょう。

 

さて、8つのポイントを解説いたしました。一つでも当てはまる項目がありましたか?女性と楽しく過ごすために、あなたにとってどのような工夫ができるかを考えて、実行することができれば「脱」婚活難民です!

続いて、男性が女性に好かれるために必要な外見やファッションについて解説いたします。

 

 

Ⅱ 結婚できない男性の外見

はじめに

「第一印象が最悪?」ファッションで損する人とは?

「ファッションに全く興味がない」「自分は個性的なファッションをしている」「実年齢よりも上に見られる」という人は多いです。

ファッションで心がけたいことは3つです。

・TPOに合わせて、女性を不快にさせない。
・自分に合った服装をする。
・清潔感を大切にして、誰が見ても悪くない服装を心がける。

 

大前提として、婚活では「オシャレだからモテる」ということはありません。もし、ファッションセンスで損をしていると感じたら、それは「規格外」なファッションをしているだけです。

つまり、浮き過ぎているのです。

 

婚活では、あなたに似合った服装で、その場にふさわしい格好であれば十分です。

今までファッションを意識せずに婚活をしていたなら、最低限やってはいけない6つのポイントだけは知っておきましょう。

 

これだけはやってはいけない!6つのNG

 

1.サイズが小さすぎるor大きすぎる

サイズの大きすぎる(または小さすぎる)服を着て、明らかに不恰好だと思われる服装はやめましょう。

サイズは肩幅や丈の長さをしっかり確認し、ジャストサイズを選ぶようにします。

 

2.シャツをINしてしまう。

シャツをズボンに入れてしまう男性は、合わせ方を間違えるとオヤジ化します。

シャツをズボンに入れるファッションは、ある程度のテクニックが必要なのです。

 

3.ズボンの丈が短い。

いろいろな丈のズボンがあるので、少し短めの丈を試してみる気持ちは分かります。

しかし、微妙なサイズ感を間違えると、一気にダサくなってしまうので注意が必要です。

 

4.毎回ジーンズを履く。

ジーンズを普段使いして、婚活やデートでも履き続ける人は要注意です。婚活中の男性にはマイナスポイントになってしまいます。

あなたの体型に応じて、理想的なジーンズを履いている人もいますが、基本的には「履きやすいから何となく……」という理由で使っている男性が多いです。

たまには、スーツやパンツなど、ジーンズ以外のスタイルにもチャレンジしましょう。

 

5.安くて古い皮靴

「オシャレは足元から」という格言があります。ファションにお金をかけるなら、まずは足元から。

下手に安い革靴を買うくらいなら、ブランド物のスニーカーがオシャレなケースもあります。

革靴を履くなら、思い切って上質な革靴を買うべきでしょう。質が良ければ長く履けますし、履き心地も違います。

 

6.数年前に流行ったファッション

数年前に流行った個性的なデザインのファッションが今も通用するとは限りません。

個性的なファッションで女性に敬遠されるくらいなら、ユニクロのTシャツが良いです。

女性から「隣りを歩いていて安心できる。心地よい」と思われるファッションを心がけましょう。

 

ファッションに関する6つのポイントはいかがでしたか?

「自分が着て心地よい」ではなく、「相手を不愉快にさせないファッション」を身につけましょうね。

続いて、女性から好かれない「性格」を見ていきましょう。

結婚相手を相性で選ぶ女性がほとんどです。「この人とずっと一緒にいたい」と思ってもらえる性格を目指しましょう。

 

 

Ⅲ 結婚できない男性の性格

 

1.いつでも上から目線の男性。

「自分を立派に見せたい」と常に傲慢に振る舞っていませんか?自分の良い部分を女性にアピールしようとするあまり、自慢話ばかりをする男性も要注意です。

あなたと親しい人なら、どのような話も聞いてくれるかもしれませんが、初対面の女性に自慢話をしても惑だと思われても仕方ありません。

自慢話は、どうしても上から目線になるので、女性を不快にさせてしまう発言です。

 

「会話をして不快になる男性は?」という質問を女性にすると「自慢話をする男性」という回答がくるほど。質問してもいないのに、自慢話をしても共感は得られないのです。

自分を良く見せたい、すごい人だと思わせたいという気持ちは、言葉で話さなくても、雰囲気や態度で感じるのものです。

 

2.気づけば自己否定ばかりのウジウジ男性。

「僕のことを誰も相手にしてくれない」「どうせ見た目が悪いから相手が見つからない」と卑下する男性も多いです。

例えば、お見合い中に「僕なんかでいいの?」「僕と一緒に歩いても恥ずかしいだけだよね」と言う人です。あなたに少しでも興味があるので、女性は会ってみたいと思いました。少しは自信を持っていいのです。

 

腫れものにさわるように接してくる男性には、女性からすると「結婚相手としてみれない」という気持ちになってしまいます。

もちろん女性の好みはありますが、多くの女性が器の大きな男性を求めています。女性は器の大きな男性を求めているのに「自分を受け止めてほしい」と男性から迫っては、婚活が上手くいかないのも当然です。

女性にに気を遣わせることなく、疲れを感じさせない会話を心がけましょう。

 

「でも……」「だって……」というネガティブワードにも要注意です。

上から目線も嫌ですが、謙遜し過ぎてしまうと自己否定になります。物事を悪いように考える癖を直す必要があります。

例えば、「自分はダメな人間だから」という自己卑下をすることによって、女性から「そんなことないよ」と慰めてもらえるような発言を期待していては、良縁には出会えないのです。

たとえツライことがあっても、しっかりと自分で処理できる器の大きさを身につけましょうね。

 

3.女性の悩み相談に正論で返す。

女性の悩みを真剣に聞くことは大切です。

しかし、求められた相談に対して、正論で返し、それを強要してはいけません。

男性は女性の悩みについてアドバイスをしたがるものです。一方で、女性は話を聞いてほしいだけです。

だからこそ、男性同士であれば正論も問題ないですが、女性がする悩み相談はアドバイスは求めていないのです。

正論で返して結論を迫っても、そこから面白い話は生まれません。相手の悩みに共感するような接し方が好印象のポイントです。

間違っても、「君の考え方は違うよ」「もっとこうしてみたら?」と上から目線にならないようにしましょう。

 

4.SNSであいさつを投げかけてチャンスを狙おうとする。

「とにかく数を打てば当たる」と考えて、SNSで出会いのチャンスを狙う男性です。

「婚活しても結婚できない男性」の行動です。

SNSで女性の投稿に「おはようございます」など文脈を無視したコメントを入れても可能性はほぼ皆無。時間の無駄としか言いようがありません。

出会いにも質が大切なのです。

きちんとリアルで繋がれるように、自己啓発をしている方がよっぽどましというものです。

 

5.若い子・かわいい子にばっかりひいきをしてしまう

男性は、若くて可愛い子が大好きです。しかし、露骨に贔屓する男性は「下心が丸出しの嫌な人」であり、女性は気分を悪くしてしまいます。

結婚できない男性は、「可愛い子ばかり目で追ってしまっている」などと客観視ができないものです。

周りにいる女性に対して、しっかりと気を配るようにしましょう。

 

6.相手と目を合わせることができない

人はアイコンタクトによって好意を得ようします。仲の良いカップルは、会話だけでなく目だけでも愛を囁けるものです。

婚活では、初対面の女性に目を合わせられない男性は「自信がなさそうな人」という印象を受けてしまいます。だからこそ、しっかり目を見て会話ができるだけで好印象なのです。

あなたが普段女性の目を見て会話ができないのであれば、注意するようにしましょう。

 

7.身なりにほとんど気を使わない

ファッションの問題は、外見の分類ですが、今回は内面のお話です。

「男は中身で勝負だ」「ファッションは適当でも愛想が良ければ大丈夫でしょ」と考えている人は要注意です。外見を磨こうとしないで婚活に取り組むと、必ずどこかで損をしてしまいます。

第一印象から損をしている可能性があるからです。

そのため、結婚できない状況を打破するために日ごろから身なりはきちんと整えておきましょう。

 

まとめ

「今のままでも女性と結婚できる」という思いで、数年以上経ってしまった男性は、今回の記事を参考に婚活を進めてみてください。

婚活に限らず、あなたに合った自分磨きをすることで職場などの人間関係も良くなると考えられます。

素敵なご縁はいつどこに現れるか分かりません。

チャンスを逃さないためにも、日頃から行いを良くしておきましょうね。

注目のコンテンツ

人気のコンテンツ

記事一覧に戻る
TOP