TEL:050-5243-4603

受付時間:8:00〜22:00 年中無休で結婚相談実施中
Info
  1. ホーム
  2. お知らせ・スタッフ日記
  3. デート交際アドバイス
  4. 恋人へのメールの返信は、遠慮せずに軽々送ろう
NEWS・DIARY
最新のお知らせ・
スタッフ日記
2018.7.10 デート交際アドバイス

恋人へのメールの返信は、遠慮せずに軽々送ろう

お見合いから交際に発展したカップルがいました。

次に交際相手とすることは、心の距離を縮めることです。

 

心の距離を縮めるために、できることはメール、電話、デートの3つです。

3つの中では、見たいときに確認できて相手の時間を拘束しないメールが一番手軽です。

 

交際相手とのメールは遠慮してはいけません。

メールの返信は遠慮なく軽々するのが、心の距離を縮める秘訣なのです。

 

自衛隊のお祭りに行ってきました。普段、戦車に触ることはないので貴重な体験です。
ちなみにこの戦車砲の飛距離が5kmもあるそうです……。

 

メールは長文よりも短文で、テンポよく送ろう。

交際相手に遠慮すると、長いお付き合いに発展しません。

「相手の仕事が忙しそうだから、今日はメールを送らない方がいい……」と遠慮すると、どんどんメールが送れなくなります。

メールが送れなくなったら気持ちが離れてゲームオーバーです。

 

eメールからLINEの時代になりました。LINEはいわゆるチャットです。

メールを遠慮する人は、いざというとき長文になります。

LINEは長文に適しません。長文を送られた相手からすると重たいのです。

 

交際直後は長文を控えて、短いメールでテンポ良くが鉄則です。

3行以内の簡単な返事をレスポンス良く返します。

心の距離を縮めたいなら質より量が大切なのです。

 

交際相手とのメールのやりとりに困るあなたへ。

メールは長文よりも短文でテンポ良くが鉄則です。

内容を考えている前に、「おはようございます」「こんにちは」「おやすみなさい」と送ります。

普段、誰もが何気なくあいさつしていることを、そのままメールで送ればいいのです。

 

交際相手に「おはよう」とメールして、嫌がる人はまずいません。

嫌がる人とはそもそもご縁がなかったのです。

 

メールの内容を考えすぎて送れない人は、考えている間に他の人に奪われてしまいます。

交際相手を他の人に奪われるくらいなら、毎日こまめにテンポ良くです。

遠慮せず気軽にメールを送れる人は、可愛げがあって愛されるのです。

 

メールの返信はレスポンスで勝負し、良縁を築きましょうね。

 

結婚相談のご予約はこちらから >
お問い合わせはこちらから >

 

結婚相談やお見合い・婚活ならラポールアンカーで。

時間や場所は会員様のご都合で結婚相談いたします。
ホームページや口コミでおすすめいただいています。

北海道札幌市・旭川市
神奈川県横浜市
静岡県静岡市・浜松市・富士市・沼津市・三島市
大阪府箕面市・豊中市・枚方市

初回無料・完全予約制・プライバシー厳守です!

注目のコンテンツ

人気のコンテンツ

記事一覧に戻る
TOP