050-5243-4603

受付時間:8:00〜22:00 年中無休で結婚相談実施中
Info
  1. ホーム
  2. お知らせ・スタッフ日記
  3. デート交際アドバイス
  4. ケチ男は結婚できない?結婚できる男性のデート代の考え方とは?
NEWS・DIARY
2018.10.28 デート交際アドバイス

ケチ男は結婚できない?結婚できる男性のデート代の考え方とは?

「婚活はお金がかかる。デート代もかなりの出費……」と考える男性は多いです。

そのため、デート代はしっかり割り勘にして、彼女への出費を抑えようとします。

 

しかし、婚活中の男性は、彼女へのデート代をケチってはいけません。

結婚できるのは、デート代の支払いを堂々とできる男性です。

 

実は、堂々とお会計する男性より、デート代をケチる男性こそ浪費しています。

そのことに気づくことで節約になり、結婚もできるのです。

 

今回は、結婚できた人のデート代を考え方について解説します。

 

「このぬいぐるみかわいいな。どっちかほしいな?」と言われました。
そこで「どちらも君に似合っているから両方プレゼントするよ」と言える男性が結婚できる……というお話です。

 

 

デート代をケチる男性の末路とは?

恋人とデートをするときは、場所とコストを考えます。

 

例えば、安い居酒屋を選んだ男性は、お会計が3,000円で済みました。

一方で、結婚できる男性は、女性が気に入りそうなお店を予約し、お会計が10,000円でも堂々と支払います。

どちらが男前かは一目瞭然です。

 

ケチなデートをして女性にフラれると?

ケチなデートをすると女性は気づきます。

「この人と結婚をしても、豊かな生活が送れないのでは?」と思われた男性は、あえなくお断りされます。

 

お断りされた男性も「本当に結婚できる女性か分からないから、この女性にお金を使っても無駄になるのでは?」と考えていました。

 

そして、ケチが理由でフラれた男性は「彼女に使ったお金が3,000円で済んだ」と考えます。

ここに大きな誤りがあるのです。

 

デート代で得をする人、損をする人。

デート代で損をする男性は「縁がなかった女性に、たくさんお金を使わなくて良かった。3,000円で済んだだけだから、ダメージは軽かった」と考えます。

本当は、女性から3,000円で縁を切られて損をしたのです。

 

結婚できる男性は、女性が気に入りそうなお店を予約し、お会計が10,000円でも堂々と支払います。

こういう姿勢によって女性の心を掴み、結婚できました。

 

デート代で損する男性は、ケチな会計で3,000円のデートを5回繰り返して、15,000円を支払います。

結果的に損する男性は、結婚までの「時間」も「コスト」も結婚できた男性に負けているのです。

 

これに気づけることで、一人ひとりの出会いを大切にできます。

彼女を喜ばせたいという想いが、しっかりと実になる瞬間です。

 

※合わせて読みたい記事

 

デート代をケチらない考え方とは?

「高いお店を選んで、たくさんお金を払えば結婚できる」というわけでもなく、安いお店を選ぶことや年収が低い男性が悪いわけではありません。

 

お断りされる男性は、女性から「私のために少しでもオシャレな店を探したり、予約をする気遣いはないの?」と呆れられているのです。

 

デート代をケチって安い居酒屋を選ぶとがっかりされる理由は、男性の気遣いにあります。

デートでは、彼女をたくさん喜ばせて、心を距離を縮めていきましょうね。

 

まとめ

デート代をケチると、最終的に時間もお金も無駄にします。

結婚したらもっとお金がかかると覚えておかなければなりません。

 

大切な人と貴重な時間を過ごすと心得て、彼女を思いっきり楽しませるデートをしましょうね。

 

年中無休で結婚相談実施中!
結婚相談の予約をする >
お問い合わせはこちらから >

結婚相談やお見合い・婚活ならラポールアンカーで。

時間や場所は会員様のご都合で結婚相談いたします。
ホームページや口コミでおすすめいただいています。

初回無料・完全予約制・プライバシー厳守です!

法律を守って運営している安心安全な結婚相談所です。

北海道札幌市・旭川市
神奈川県横浜市
静岡県静岡市・浜松市・富士市・沼津市・三島市
大阪府箕面市・豊中市・枚方市

注目のブログ

ブログランキング

記事一覧に戻る
TOP