050-3555-6228

受付時間:8:00〜22:00 年中無休で結婚相談実施中
Menu
Info
  1. ホーム
  2. お知らせ・スタッフ日記
  3. お知らせ
  4. いい夫婦の日「パートナー・オブ・ザ・イヤー2019」いい夫婦ってどんな夫婦?
NEWS・DIARY
2019.11.22 お知らせ

いい夫婦の日「パートナー・オブ・ザ・イヤー2019」いい夫婦ってどんな夫婦?

本日、11月22日は「いい夫婦の日」です。この日に婚姻届けを出した夫婦が多いのではないでしょうか?

 

11月22日は市役所に行列ができるほど。

「プロポーズはこの日!」と決めた男性もいるでしょう。恋人がいるあなたにとって、11月22日はどのような一日になるでしょうか?

 

「今日が記念日」という人にとって、素敵な一日であれば幸いです。

 

 

「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー2019」

さて、「いい夫婦の日」では、毎年、一般応募のアンケートと社会背景を基に「いい夫婦の日」をすすめる会が選出する理想の有名人夫婦「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー」を発表しています。

 

©︎いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー 2019

 

【参考】21回目を迎える本年の「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー2019」は、高橋英樹、高橋美恵子ご夫婦と東貴博、安めぐみご夫婦に加え、魚介料理の名店「高はし」を営む髙橋良和、髙橋桃重ご夫婦に決定しました。

 

結婚45周年を迎えられた高橋英樹さん、美恵子さんご夫婦は、娘の真麻さんもうらやむほどのラブラブな夫婦仲として広く知られています。高橋英樹さん自らが語る「妻はアンコ夫はおモチ」のベタベタ夫婦として選出されました。

 

結婚9年目を迎えられた東貴博さん、安めぐみさんご夫婦は今年4歳になった詩歌(うた)ちゃんを加え、一緒にいることが楽で癒される、ほのぼのとした夫婦として選出されました。

 

大同生命のCM「社長への手紙」のモデルとなった魚介料理の名店「高はし」三代目の髙橋良和さん、桃重さんご夫婦。急激な頭の痛みで倒れた良和さんを支えたのは、桃重さんの結婚20年間変わらぬ愛と信頼です。仕事に生き、まちに生きる円満でたくましい夫婦を代表して選出されました。

 

「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー」は、理想の夫婦・カップルにふさわしいお二人について一般の方々からのアンケートと推薦理由、社会背景を基にその年の理想の夫婦・カップルとして選出しています。

 

あなたにとって「いい夫婦」とは?

どのような夫婦が「いい夫婦」なのか、時代や文化によっても異なるでしょう。昔の「夫唱婦随」(夫が主張して妻が従う、という関係)から、現在ではどう夫婦が評価されるのでしょうか。

 

夫婦のあり方にはいくつかのパターンが考えられます。例えば、「家庭内協力」「夫唱婦随」「性別役割分業」「夫婦自立」という分類があります。

 

この分類は、NHKが5年に1回実施している「日本人の意識調査」で用いられる、「理想の家庭」の選択肢です。

「理想の家庭」の項目について、2013年と第1回の1973年の調査結果を比較してみましょう。

 

<2013年>

家庭内協力 48% / 夫婦自立 23.5% / 性別役割分業 14.9% / 夫唱婦随10.3%

 

<1973年>

性別役割分業 39.2% / 夫唱婦随 21.9% / 家庭内協力 21.2% / 夫婦自立 14.5%

 

時代が変われば「理想の夫婦観」も変化しています。

「性別役割分業」とは、男は外で仕事、女は家で家事という夫婦の役割分担制です。この間までは、このタイプがあたり前だったように思います。

 

その後、女性が活発に社会進出を果たし、ワークライフバランスにより、2013年には「家庭内協力」が1位になりました。

「家事も育児も一緒にやろう」というのがこのスタイルです。

 

夫婦円満のために大切なこと

1位:話をする・聞く

2位:ほどよい距離感(干渉しすぎない)

3位:信頼する

4位:コトバにして感謝を伝える

5位:ふたりで出かける

 

適度な距離感をもって、話をしたり聞いたりするというのは、何でも話し合う「家庭内協力」とも、何でも夫の言うことに従う「夫唱婦随」のどちらでもありません。

 

特に、年配で結婚歴の長い夫婦にこの回答が多かったのが特徴的です。超高齢社会を迎え、夫婦の連れ添う期間が相当長くなったことに起因しているのでしょうか。

 

夫婦で一緒にしていること

1位:買い物

2位:外食

3位:国内旅行

4位:ドライブ

5位:料理以外の家事

 

結婚歴5年未満の夫婦では「育児」がベスト4に入っていますが、全体では6位でした。

 

また「自分たちは円満」の回答者は「外食」「買い物」が上位でしたが、「円満でない」の回答者は「とくに一緒にしていることはない」が上位です。

 

夫婦での話題

1位:お子さんについて

2位:休みなどの予定

3位:食事や食べ物

4位:健康・体調

5位:仕事・会社

 

若い夫婦では「休みの予定」「食べ物や食事」「仕事・会社」が上位でした。年配になると、「健康・体調」「食事や食べ物」「お子さんについて」と、年代により話題のジャンルが違います。

 

また、円満な夫婦は「休みの予定」「食事や食べ物」「健康・体調」と、共通の話題が活発であるのに対し、円満でない夫婦は「とくに夫婦で話すことはない」と答えています。

 

ほどよい距離感を保ちつつ、さまざまな話題や活動を共にして仲良く付き合う、というスタンスが現代版「いい夫婦」のお手本だといえるでしょう。

 

さて、あなたは「良い夫婦関係」について、どのようなご意見をお持ちでしょうか?本日は、愛するパートナーと「いい夫婦」について話し合ってみましょうね。

 

まとめ

11月22日は「いい夫婦の日」です。

 

「いい夫婦」の定義は時代によって差がありますが、夫婦円満の秘訣は日頃からのコミニュケーションが第一です。愛するパートナーの気持ちに共感し、楽しい結婚生活を送りましょうね。

 

【参考】2018年パートナー・オブ・ザ・イヤー

20回目を迎える本年の「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー2018」は、陣内孝則・陣内恵理子ご夫妻と庄司智春・藤本美貴ご夫妻に決定しました。

 

陣内孝則・陣内恵理子ご夫妻は、今年結婚31周年を迎えられました。

 

芸能界きってのおしどり夫婦として知られるお二人ですが、「結婚30年経っても奥様の誕生日に年の数のバラの花を贈るなど素敵なご夫婦」といった多くの一般からの声を受け、選出に至りました。

 

また庄司智春・藤本美貴ご夫妻は、2人のお子さんを育て素敵な家庭を築かれているご夫婦で、今年は結婚10年目という記念の年を迎えられました。

 

「もし自分が結婚したらいつまでもこんな仲の良い夫婦でありたいなーと思います。理想の夫婦です」とその仲睦まじい家族の様子から選出されました。

 

「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー」は、理想の夫婦・カップルにふさわしいお二人について一般の方々からのアンケートと推薦理由、社会背景を基にその年の理想の夫婦・カップルとして選出しています。

阿部 伸太郎
ラポールアンカー代表・婚活WEBライター・スイーツ評論家
1987年2月8日、大阪府枚方市生まれ。現住所は静岡県静岡市。
山梨学院大学法学部を卒業後、一部上場のIT企業に就職。
恋愛相談が趣味で、恋愛や結婚にまつわる話を数多くうかがう。
婚活に悩む人の助けになろうと、ラポールアンカーを起業。
結婚は1回。嫁と娘を溺愛している。
尊敬する人は、祖母、嫁、妹。
スイーツは見ただけで味が分かるという特技がある。趣味は娘を褒め倒すこと。
年中無休で結婚相談実施中!
結婚相談の予約をする >
お問い合わせはこちらから >

結婚相談やお見合い、婚活なら結婚相談所のラポールアンカー

時間や場所は会員様のご都合で結婚相談いたします。
ホームページや口コミでおすすめいただいています。

初回無料・完全予約制・プライバシー厳守です!

法律を守って運営している安心安全な地域密着型の結婚相談所です。

婚活ブログのレビュー

4.5
4.5 rating
5 点中 4.5(総レビュー数 204)
とても良い57%
良い41%
普通0%
悪い1%
とても悪い1%
4.0 rating
2020年1月20日

いろいろありましたが、結婚に前向きになれる人ができました!感謝!

ayaka
5.0 rating
2020年1月20日

結婚できました。

らら
4.0 rating
2020年1月18日

婚活アドバイスが豊富

矢田千

この婚活ブログのレビューを書く

注目のブログ

ブログランキング

記事一覧に戻る
TOP