050-5243-4603

受付時間:8:00〜22:00 年中無休で結婚相談実施中
Info
  1. ホーム
  2. お知らせ・スタッフ日記
  3. ラポちゃんねる
  4. 結婚の素晴らしさを伝えたい Vol. 10(ブチギレを許して絆を深める)
NEWS・DIARY
2018.9.9 ラポちゃんねる

結婚の素晴らしさを伝えたい Vol. 10(ブチギレを許して絆を深める)

『結婚っていいよ。家族って最高』をお伝えするコーナーです。

今回は、吉川宏美が、結婚生活のブチギレと愛について語ります。

 

「結婚の素晴らしさを伝えたい」のコンセプトをチェック!>

 

前回は、阿部伸太郎が担当いたしました。

 

 

結婚っていいな

家族が一体となって、愛し愛され生きていく……というお話です。

 

ブチギレを許し許されて絆を深める。

長い結婚生活をしていたら、ブチギレることも多々あります。

その都度、「もうやってられないから離婚だ!」と言っていたらキリがありません。

 

なので、メンタルの弱い女性が婚活をしていると「婚活は上手くいったとしても、結婚生活は大丈夫なの?」と思うシーンがあります。

ケンカする度に「離婚だ!離婚だ!」と騒いでいたら、いくら離婚届があっても足りないのです。

 

はじめは良いと思った男性でも、結婚生活をしていると「なんだこいつは!」と思う部分が出てきます。

なので、相性や条件で結婚相手を求める人は、よく考えるべきだと感じています。

結婚相手との相性は、日頃の行いで常に変化しています。

「あのときは優しくしてくれたのに!」「プロポーズのときに一生幸せにするって約束したのに!」と言っても日頃の行いが悪ければ、全てが白紙になるのです。

 

そこで、メンタルの弱い人は「私は裏切られた」「不信感しかない」と言ってブチギレます。

人間関係の本質が分かっていないのです。

 

と言いつつ、私もブチギレます。

私がイライラして、好きな店をハシゴして美味いものをたくさん食べて、挙げ句の果てにそのまま寝たのですが、朝起きたら毛布がかかっていて、コーヒーが淹れてありました。

素直に優しい旦那さんだと感心します。

 

私が言うのも何ですが、持ちつ持たれつとはこういうことだと実感します。

家族の誰かが苦しんでいるときに、支え合って絆を強くしていくのが家族です。

相手を恨むのは簡単ですが、許し許されしながら築く家庭にこそ、結婚生活の素晴らしさがあるのです。

 

結婚生活の苦悩

「ママ、ブチギレてばかりいないで、たまにはのんびりと牛の背中にでも乗ってみたらどう?」

 

車の中に大量の虫がいて、片付けるのは誰ですか?

先日、車を開けたら大量のアリがバーンと現れました。

(アリきらいの人すみません……)

 

「見るのも嫌なのに、これを何とかするのは誰のお仕事ですか?」と、頭を抱えます。

独身時代は、このような失態はありえないですし、もしあったとしても自分の責任だと思って何とかします。

 

しかし今回は、「これ、私がやったんじゃありませんが……。」

そして台風(21号)の中、掃除機をかけました。

掃除が終わったら、ひとり風呂上がり状態です——。

 

こういう状態も込み込みで、楽しく結婚生活しています。

独身のあなたに結婚生活の楽しさを教えます!

 

ラポールアンカーファミリーの一コマ

スケッチにハマっている娘。永遠と描き続けます……。

 

娘が優秀すぎて……。

どうやったらこういう子供に育つのか、娘が優秀です。

テストは毎回100点で、学校から帰ったらお友達に手紙を書きます。

最近はスケッチにハマったのか、動物園に行くとずっと動物の絵を描いています。

 

当時の私はバカでした……。こんなに優秀な子に育つとは!

「こんなこどもになればいいな」と思いながら子育てをしますが、その通りに育つことはありません。

子育ても十人十色だから面白いのです。

 

しかしどうにも難しいのが、テストの成績が毎回100点だと「もうちょっと気を抜いたらいいんだよ」と思います。

きっと0点だと、「もっと勉強しなさい!」とブチギレです。

 

何もしなくてもこどもは勝手に育つといいますが、まさにその通りだと……。

だからこそ、一緒にいられる貴重な時間を大切にしていきたいですね。

 

ラポールアンカーの格言

理屈では表せないのがフィーリング

長い結婚生活をしていると「こんちくしょ—!」と思うことが必ずあります。

それでも、「一緒にいたい」「これからもお互いに理解し合いたい」と思えるのが理想の夫婦の姿です。

 

「ずっと仲良しでラブラブです」というのは簡単です。

その裏にお互いの努力があるからこそ、幸せな今があるのです。

 

 

吉川 宏美
業界最年少の婚活アドバイザー・代表の妹・二児の母
1992年3月9日、大阪府枚方市生まれ。地元は静岡県富士市。
二人の子供を全力で愛する身として、独身の皆様に共感いただけるよう婚活相談を積極的に行っている。
若き力で、婚活で悩める人を全力で応援している。
好きなことは、旅行・食べること。
結婚は1回。娘たちを溺愛している。
尊敬する人は、世の母たち。

 

 

年中無休で結婚相談実施中!
結婚相談の予約をする >
お問い合わせはこちらから >

結婚相談やお見合い・婚活ならラポールアンカーで。

時間や場所は会員様のご都合で結婚相談いたします。
ホームページや口コミでおすすめいただいています。

初回無料・完全予約制・プライバシー厳守です!

法律を守って運営している安心安全な結婚相談所です。

北海道札幌市・旭川市
神奈川県横浜市
静岡県静岡市・浜松市・富士市・沼津市・三島市
大阪府箕面市・豊中市・枚方市

注目のブログ

ブログランキング

記事一覧に戻る
TOP