TEL:050-5243-4603

受付時間:8:00〜22:00 年中無休で結婚相談実施中
Info
  1. ホーム
  2. お知らせ・スタッフ日記
  3. お見合いアドバイス
  4. お相手選びのとき、条件で選びたいなら明るく迫ろう。
NEWS・DIARY
最新のお知らせ・
スタッフ日記
2018.4.12 お見合いアドバイス

お相手選びのとき、条件で選びたいなら明るく迫ろう。

婚活する人にとって、結婚相手を条件で選ぶか、相性で選ぶか悩めるところです。

条件とは、年収や職業、学歴、年齢などです。

自分が決めた条件以上の相手でなければお見合いは絶対にしない、ということです。

 

一方で、結婚相手を相性で選びたい人は、「なんとなくいいな」という感覚でお見合いをします。

「条件が良くても性格が合わなければ嫌だし、性格が良くても条件が悪ければ嫌だ……」と、婚活する人は、欲張りになりがちなのです。

そこで、条件も相性も合う人を探すために心がけることを見ていきましょう。

 

三島スカイウォークの橋を渡った先にはイベント会場がありました。
撮影スポットがあるなど、盛り上がっています。

 

暗い顔で迫って、「〇〇目当て」だとバレないようにしよう。

条件で選ぶ人は、暗い顔で迫りがちです。

たとえば、婚活する女性にとって「こどもが産める年齢までに結婚したいからすぐに結論を出して」「〇〇な生活がしたいけど、お金の余裕は?」という本音が隠れています。

気持ちいいくらい明るいテンションで聞いてくれれば、清々しいです。

 

しかし、本音の部分を明るく聞ける人はなかなかいません。

人は暗い顔で迫られるのが嫌いですし、逃げ出したくなります。自由を奪われて、強制されるのが好きな人はいないのです。

暗い顔で迫られた途端、素敵なパートナーと出会い、明るい未来が待っていると思ったのに、突然目に見えない檻にぶち込まれて気分になってしまいます。

 

素敵な出会いを探していても、暗い顔で迫られた瞬間に冷めてしまうのです。逆の立場になればきっと分かることでしょう。

 

もし一大勝負をする場合は、満面の笑顔で挑もう。

自虐ネタを暗い感じで話されても、聞いてる側は楽しくありません。

どのような会話でも暗いより明るい方が嬉しいです。

たとえば、過度な条件を暗い顔で言われたら「そんなこと言われても、あなたと交際したいと思いません」と相手が離れていきます。

それよりは、明るい笑顔で言われた方が「一緒にいて楽しそうだから、多少の無茶も聞いてあげたいな」という気になるのです。

 

暗い顔で「〇〇目当てです」は、相手が離れていってしまいます。

どのようなときも明るい笑顔で楽しい雰囲気が作れるように努めましょうね。

 

 

結婚相談のご予約はこちらから >

お問い合わせはこちらから >

 

 

結婚相談やお見合い・婚活ならラポールアンカーで。

時間や場所は会員様のご都合で結婚相談いたします。
ホームページや口コミでおすすめいただいています。

北海道(札幌市・旭川市)
神奈川県(横浜市)
静岡県(静岡市・浜松市・富士市・沼津市・三島市)
大阪府(箕面市・豊中市・枚方市)

初回無料・完全予約制・プライバシー厳守です!

注目のコンテンツ

人気のコンテンツ

記事一覧に戻る
TOP